養老保険(福利厚生プラン)の経理処理と留意点

生命保険の第一目的は、将来における不測の事態に備える「保障」にありますが、多くの会社において「節税」を目的として加入されています。昨年ではそうした動きを抑えるため、保険に関する税制改正(いわゆるバレンタインショック)が行われた結果、貯蓄性もありかつ損金性もある保険の多くは姿を消しました。 そこで今回

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 会員登録が完了している方は、ログインをお願い致します。

ログイン