配偶者居住権が合意等により消滅した場合の贈与税課税時の課税価格の計算方法

配偶者居住権の施行が近づく中、その取扱いや課税関係などが具体化してきております。令和元年11月5日に国税庁は相続税法基本通達等の一部改正についてのあらましを公表し、配偶者居住権が合意等により消滅した場合の取扱いの趣旨等を示しました。またその中で、消滅時の贈与税の課税価格の計算方法についての例示がなさ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 会員登録が完了している方は、ログインをお願い致します。

ログイン