相続税の一部を経費にするなど譲渡所得税の節税 – 相続の基礎知識

譲渡所得税の節税 相続後、どうしても不動産を売却せざるを得ないケースがあります。その際、相続財産を売って得た利益は、住民税(譲渡所得税)と所得税の対象になります。 譲渡所得税の節税例① 相続税の一部分を経費にする 相続税の申告期限の翌日から3年以内に相続した財産を売却した場合、「相続税の取得費加算の

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 会員登録が完了している方は、ログインをお願い致します。

ログイン